4歳の逢虹へ

逢虹ちゃんの誕生日も、4回目。

ケーキを選ばせてくれて、ありがとう。

正直、4歳になってたら、どんなお姉さんになっていただろう?とも思う。

でも、逢虹ちゃんはやることをやって、虹になったから、その続きはママがすると決めた。

だから、頑張れる。

AKOSWIMとは、どういう意味なんですか?
そのぬいぐるみは誰?

と言われ、お答えすると、、、

『聞いちゃってごめんなさい!』と、ほぼほぼ皆さん言ってくれる。

私の内心は、『キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)逢虹ちゃん話が出来る!!!』なのだ。

『聞いてくれて、ありがとうございます。』

いつか、多くのみんなの前で逢虹の話をしたい。
いかに、世の中の子ども達がパパママに愛されて育っているかを、逢虹のエピソードを話しながら伝えたい。

逢虹ちゃん、あなたの存在は果てしなく大きいよ。

ありがとう、おめでとう。

※何も分からない弟は、ミニカーを逢虹の所へ持っていき遊んだり、チンチンして、ナンマイして、お菓子を取ってきたりしています。
お姉ちゃんは、優しいね。

関連記事

  1. 水が怖かった過去

  2. 我が家に新メンバー!!!

  3. AKOちゃんの紹介&奇跡のお話

  4. 形のない存在感🌈

  5. グィーーーーーンと押してあげられる波になる事

  6. 自然たっぷりの虹光